スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
児童館の廃止決定
2006 / 01 / 13 ( Fri )
 館長が、全国紙三紙を抱えて出勤してきました。毎日と産経新聞とは、「児童館など41施設廃止」の大きな見出しが、掲げられていました。朝の職員の打ち合わせでも、当然のことながらこの話題に集中しました。臨時館長会が、今日開催されるとのこと。我々は、どうなるのでしょうか。大阪市職員のとばっちりといえばとばっちりなのですが。
 ふつうの児童館ならばその話で一日中もちきりになるのでしょうが、ここはそんなことをいつまでも言ってられないところなのです。今日も子育て中の親子が集ってくる会議が、同時並行で二つあるのです。
 一つは、「わがまちにしなり子育てネットワーク」のホームページの編集会議、二つ目は、同じく同ネットワークが発刊する予定の小冊子に掲載するアンケート結果についての座談会です。
後者の会議でもこの話が出ました。「ええっ、西成児童館も含まれているんですか。」、「大阪市は子育て支援に力を入れているんと違うの。矛盾するやないの。」、「子育て中の親は、今後どこに行ったらいいんや。」と憤慨の声が次から次へと沸き起こりました。この声をどのようにして大阪市や社会福祉協議会のエライサンに届けたらいいのでしょう。
 また、午後3時頃から、子ども達が続々とやってきました。そこで、ガキ大将というには、力量不足なのですが、5年生のN君にこちらから聞いてみました。「児童館が廃止されるのを知ってるか。」とたずねると、それほどびっくりするでもない様子で「そしたら、いつまでここであそべるんや。」、「こどもは、どこであそんだらいいんや」、「なぜ、なくなるんや。」「(西成児童館を廃止するとは)関はあかんな。」、「誰が一番悪いんや。」と質問を浴びせかけてきた。
 まさか、Nが大阪市長の名前を知っていたことに驚くと同時に、「ダレガイチバンワルインヤ。」と私も心の中で叫んでしまった。
               「つと」
スポンサーサイト
19 : 20 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<廃止、そんなばかな。 | ホーム | 児童館が廃止?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nishinari.blog26.fc2.com/tb.php/85-f583f8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。