スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
子どものやさしさ
2005 / 12 / 10 ( Sat )
西成区社会福祉協議会から50個のクリスマスツリーを頂くことになった。それはいいのだが、運搬手段の車がない。おまけに、そのツリーは、40cm×60cm×90cmというダンボール箱に入っていて、全部で9箱になるとのこと。自転車で運搬するのは無理だ、と告げられた。
 しかし、不可能を可能にしてしまうのが、当館の出水館長のやりかたである。良い意味でも悪い意味でもそうである。強引というか、ごり押しというか、いやはや。もらいにいく先は、区役所8回である。それなら、区役所に行く度に自転車でもらってくればいい、ということで早速今日、私に行く用事ができてしまった。
 あれ、区役所が閉まっている。なんでや、とよく考えたら土曜日である。ああ、公務員がうらやましいなあ、と思いつつ裏口から8階まで受け取りに行く。「ええっ、自転車で」と案の定、あきれられる。箱を自転車にくくりつけ、ゆっくりと漕いだ。幅をとるため、周囲に遠慮しつつ乗ったのだが、紐のくくり方がゆるいため、途中二度、落としてしまう。
 そのようにして、館までようやくの思いで運んできた。ちょうど閉館で子ども達が、続々館からでてきた。そんな子ども達のなかで、やんちゃでいつも整髪料をつけているS 君とよく悪さをするM君が声を掛けてくれた。「先生、紐はずしたるわ」と言ってM君が長い紐をはずしてくれた。その箱を館内に運びこんで、私の重いリュックを取りに外に出ようとすると、S君が小さい身体で、よろけながらリュックを肩にかけて持ってきてくれた。特にS君に対しては、たびたび他人の遊戯王カードを、暴力で自分の物にしてしまうので、手が痛むほど尻をたたきまくったことがあるのだが。
 いつも不思議に思うのだが、どうしてやんちゃな子ほど、普通の子以上にやさしい場合があるのだろうか。理屈では理解できないのが、子どもである。
                       「つと」
スポンサーサイト
18 : 51 : 48 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<二つのすもう | ホーム | 男の意地>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nishinari.blog26.fc2.com/tb.php/61-7e9c3ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
遊戯王のネタ
遊戯王のネタを毎日ネットから集めてブログ形式でお届け中。ブログや飲み会でのネタを見つける為に利用してください。「○○のネタ欲しい!」とキーワードのご提案もお気軽にどうぞ!お待ちしてます。 ネタ蔵【2005/12/11 01:10】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。