スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
市条例上では6月1日児童館廃止となりました
2006 / 06 / 01 ( Thu )
今日(6/1)、児童館・トモノスの館長会があり、大阪市の担当課から児童館・トモノスの説明があり、館長から西成児童館の皆さまへの文書を見せてもらいました。

館長会では、5月31日の大阪市会本会議で児童館廃止条例、トモノス廃止条例が可決成立し、6月1日より、児童館廃止、トモノス廃止となったことを受け、今後についての説明だったようです。

それによると、6月中は、これまでと同様の活動を続け、その間、引き継ぎ等の処理を行って7月から保育所地域子育てセンターとなるとのこと。7月には現在の職員(大阪市社協職員)は引き上げ、市立保育所の運営に移り大阪市の保育士が子育て支援センターの職務に就くようです。児童(18歳まで)の利用については自由な遊び場を提供していくとのことですが誰が担当するのかについては説明がなかったようです。
西淀川児童館については一部を保育室に活用、小田町・平野児童館については一時保育事業にも利用するとのこと。城東児童館は集いの広場事業を検討しているとか。

ゆるやかな移行ということだけで、移行の具体的なスケジュールや手順、児童の事業の内容等については説明がなかったので詳しいことはわからないとのことでした。

条例上、もう児童福祉法40条に掲げられた市立児童館はなくなってしまいました。
とても残念なことです。

大阪市の説明はこれまで二転三転していますが何度聞いても「児童館でこれまで実施してきたこととどう違うのか」「何で廃止するのか」よくわかりません。
利用者・地域の人たちと現場で考えてすすめるしかないでしょう。
6月1日に出された利用者向け文書次のとおりです。
平成18年6月
西成児童館利用者の皆様ヘ
 児童館として当施設を廃止する条例につきましては先の市会において、可決、成立し、6月1日から施行されております

6月中は、この建物を活用し、従来の児童館の利用者が引き続き利用していただけるようにしてまいりたいと考えております
 7月からは、この建物を活用し、就学前児童のいる家庭を対象とする保育所地域子育て支援事業を実施します。

 保育所地域子育て支援事業では、就学前児童のいる子育て家庭を対象に、次
のような事業を実施します。
・保育士が専門知識を生かし、子育ての不安や悩みなどの相談を受けます。
・子育て情報の提供や子育て講座を開催します。
・親子で遊べる場を提供し、親同士の交流により子育ての不安や悩みの軽減を
 図る「あそびのひろば」を開催します。また、近くの公園にスタッフが出か
 けて紙芝居や体操などをしていっしょに遊ぶ「出張ひろば」も実施します。
・子育てに関する仲間づくりを支援し子育てについて語り合う「親子教室」を
 実施します。

児童の利用につきましては、保育所地域子育て支援事業の実施とあわせて、建物
を活用して、自由な遊び場の提供をしていきたいと考えています。

お問い合わせは、大阪市健康福祉局児童施策部児童福祉課育成担当
 住 所〒530-8201大阪市北区中之島1-3-20
 電話番号06-6208-8034
スポンサーサイト
23 : 57 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<建物を持たない「西成児童館」を立ち上げました | ホーム | 児童館が廃止に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nishinari.blog26.fc2.com/tb.php/159-1085a7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。