スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
持つべきはいい友達
2006 / 03 / 08 ( Wed )
普段来ないような子どもが、大勢遊びに来た。S小学校やN小学校の子ども達やSN中学校の男子生徒である。その内、S本小学校の子達は、昨日初めてきたらしい。こんなところに遊び場があるのか、といった雰囲気で自分たちが持ってきたバスケットボールを館内で使用できるのか、などと私に訊ねにきたりした。しかし、あいにくと常連の橘小の子がサッカーなどをして、遊戯室を占領していたので、ボールをかかえながらしばらく館内をうろうろしていたが、そのうち虚しく帰って行った。
 そのかわり、今日は、早くからボールを持ってやってきた。そして、一目散にバスケットボールをしに行った。SN中の子も同じようにバスケットをしていたが、互いになわばりを侵しあうこともなくもめごともなかった。確か、S小の子は、SN中校区という事情もあるのではないかと思う。
 問題は、N小の6年生であった。初めはおとなしく遊具を借りにきたりしていた。そのうち、突然、橘小の4年生女子数人が、事務室に来て、男の子が、たたきにくると訴えた。どの子や、と言って部屋を出て行くと、問題の男の子が、けんか腰に拳を握り締めていた。両者にけんかの理由をたずねると、その子が、奥の部屋(実習室)でボール遊びをしていたので、橘小の女の子が、奥の部屋でのボール遊びは、禁ぜられていると注意したらしい。でも男の子にとっては、自分より年下の子に注意されたこと自体に腹が立つらしい。そして、「そいつらは、何年生か聞いてくれ、顔をつぶしてやる。」を繰り返した。
 私は「そんな事を言うものではない。たとえ、下級生に注意されようが、悪い事は、悪いんや。何年生でもいいやないか。」と答えたが、全く納得せずにじっとつったったままであった。そのうち仲間の一人が、これに加わって問題がこじれてきた。
 事態が一向に進展しないので「帰るのか、遊ぶのかはっきりしろ。」とだけ言って立ち去ることにした。ひつこいやつだ。その後も、その仲間の一人が、館内に再び入って来て、女の子達にいやがらせを繰り返した。
 同じく初めて児童館に来た子どもでも、N小の子らは気の毒である。たった一人の子のために他の多くの子も再び、館に来にくくなってしまった。そのためにどんなに計り知れない損害を被ることになるのか。やはり、もつべきはいい友だちである。
                  「つと」
 
スポンサーサイト
18 : 17 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まいごの児童館ヤーイ | ホーム | 道筋くらい示してもバチはあたらない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nishinari.blog26.fc2.com/tb.php/122-ddc1d7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。