スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お母さんたちがいっぱい!
2006 / 02 / 16 ( Thu )
児童館廃止の発表で揺れている西成児童館では、今日午前中、遊戯室でミニミニフリーマーケット、図書室では、わが町西成子育てネットの「あい・eye・ネット」の集まりがありました。

ミニミニフリマは、お母さんたちの発想ではじまったリサイクル活動を通した子育て交流の場、お母さんたちだけではなく地域のいろんな人たちも訪ねてきてくれます。2ヶ月に1回実施してきたこの集いも今年度最後の日となりました。いつもマイクを手に場を盛り上げてくれる世話人さんの元気な声も聞こえてきます。この活動も今回で休止。これまでの活動のまとめをすることになっています。世話人さんたちのご苦労を身近に見ていてコーディネーターの役割がとても大きく、児童館としてどんなサポートができるだろうかと思いながら負担の軽減にお役に立てなかったことを反省しています。

図書室では、地元選出の若い議員さんを囲んでお母さんたちが署名の山を前にして児童館存続を訴えています。議員さんは、お母さんたちのパワーを静かに受け止め丁寧に答えていました。
大阪市にみんなの声が届き事業が存続することをを願っています。
この話で子育ての集い(3/2)の打ち合わせが十分出来なかったのは残念。

一方、子どもたちは、元気に会場を走りまわって大はしゃぎ。

お昼は、残ったお母さんたちでお弁当を食べながら和やかな交流の場ができました。

午後は小学生が我が物顔で児童館を占拠。最近、6年生の男女の利用が目立ってきました。卒業まで後1ヶ月ほど、そんな季節になってしまいました。
「児童館もうつぶれるんやろ!」「つぶれんようにとお母ちゃんやボランティアの兄ちゃんたちががんばってくれてるんや、暴れ回ってほんまにつぶしてくれるな、大事に使ってくれなあかん!今、修理も止められているやから」
「つぶれた後どないなるんや?」「いま、君ら小学生も利用できるようにと言うてくれているんや」
こんなやりとりを毎日続けているのはいやはや少々つらい。子どもたちはもっと不安に感じていると思うと力不足が身にしみる。

閉館後、中学生の女子が訪ねてきて
「あの話、どうなったん?」
「こないだ書いてくれたこと、ボランティアの兄ちゃんがちゃんと大阪市に届けてくれたよ。心配してくれてありがとう」

今日も一日が終わりました。
ある職員のつぶやき「毎日何しに来てるんやろ」(D)
スポンサーサイト
23 : 42 : 42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<本当に子育て支援をやるの | ホーム | 議員に訴える>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nishinari.blog26.fc2.com/tb.php/109-887338c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。